カテゴリー
燃費が良くなるアイテムで実験

軽自動車に入れるオイル添加剤は効果ある?実際に入れてみた感想

軽自動車に入れるエンジンオイルの添加剤は
かなり多く出回っています。

色々とある中で、どれが効果的なのか
非常に迷ってしまうのではないでしょうか。

確かに、エンジンオイルには様々な添加剤が含まれているので
オイル添加剤を別に買って入れるのは効果があるかどうかも疑問だという人も
少なからずいるかもしれません。

本記事では、オイル添加剤は本当に効果があるのかや
実際にオイル添加剤を入れた感想についてお伝えをしていきます。

そもそもオイル添加剤とは?

オイル添加剤とは簡単に言えば
エンジンオイルに混ぜることでエンジンの劣化を防ぐ添加剤のことです。

エンジンを始動させたときにないk部ではクランクシャフトを介して
ピストンが上下に往復を絶えず繰り返して車を動かしています。

 

ピストンの往復によりシリンダー壁とこすれることで
鉄粉が発生するとピストンの往復運動に悪影響が出るのです。

そうなると、エンジン本来の力が失われてしまい
エンジンの劣化が促進されてしまう結果になります。

エンジンオイル添加剤は、そうしたエンジンの劣化を予防するために
自働車のオーナーが定期的に交換するエンジンオイルに
適量を混ぜるために開発されたものなのです。

エンジンオイル添加剤はエンジンの能力を
飛躍的に向上させるために入れるのではありません。

 

エンジンの劣化を防いだり古いエンジンに対し
元の性能に戻せるように回復させる物だと覚えていたほうが良いです。

確かに、オイル添加剤のパッケージには
まるで車の性能がアップしたかのグラフが掲載されていることもあります。

ですが、ほとんどの場合はデタラメだったり
元の性能に戻っただけというケースのほうが多いのです。

オイル添加剤には何が含まれている?

エンジンオイル添加剤には
以下のような成分が含まれています。

・合成油:成分を割る溶媒
・潤滑成分:ピストンに皮膜を作って、摩擦を減らす
・粘度指数向上剤:エンジンオイルの劣化による粘度低下を防ぐ
・酸化防止剤:エンジンオイルの酸化を防ぐ
・磨耗防止剤:微小な粒をベアリングのように動かし、摩擦を減らす
・洗浄剤:ピストンについた汚れを落とす

 

オイル添加剤を開発するメーカー独自の成分もあるので
「これが確実に入っている」とは言い切れないこともあります。

ですが、上記の成分が含まれているのは
基本的に多いと言えますね。

上記の成分が配合されることにより
エンジンオイル添加剤の得意分野も変わってくるのです。

劣化した古いエンジンを復活させたかったり低燃費を実現させたかったり
エンジン内部を洗浄したかったりと、目的によっても選ぶ添加剤は変わってきます。

エンジンオイル添加剤のメリットとデメリット


エンジンオイル添加剤にはメリットと
デメリットがあります。

それぞれ、どういうメリットがあり
どんなデメリットがあるのかを紹介していきましょう。

エンジンオイル添加剤のメリット

エンジンオイル添加剤のメリットは
以下の通りです。

・エンジンの不調を手軽に直せる
・エンジンの劣化を遅らせられる

 

エンジンの不調と言っても軽症のものから
重症のものまで色々とあります。

エンジンオイル添加剤が対処できるのは
「軽症なエンジン不調」です。

たとえば、新車から比べてエンジン始動が鈍くなったとか
騒音が大きくなったとか燃費が悪くなったとか色々ありますよね。

そういう場合は、エンジンオイル添加剤を入れることで
症状が軽くなる場合もあります。

 

手軽に改善を試せるという点は
エンジンオイル添加剤のメリットと言えるでしょう。

筆者は、エンジンオイル添加剤を新車のころから入れていたこともありますが
エンジン内部はとてもきれいだったと知り合いの整備士が言っていました。

j新車から13年乗り10万キロ走行した軽自動車でしたが
新車のころからエンジンオイルに添加剤も含めて入れていたのです。

10年間、エンジン不調になったことはありませんし
性能や始動性も鈍ることはなかったように思えます。

つまり、愛車を長く大切に乗りたいという場合は
試してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

 

エンジンオイル添加剤のデメリット

エンジンオイル添加剤にはメリットがありましたが
デメリットももちろんあります。

エンジンオイル添加剤のデメリットは
以下の通りとなります。

・大きな効果は実感できない可能性もある
・エンジンオイルの種類によっては悪影響になる
・故障の原因になる可能性もある

 

エンジン檻添加剤でエンジンの劣化を防ぐという目的の場合は
効果を実感することは難しいと言えます。

軽度の不調をマシな状態にすることはできたとしても
完全にエンジン不調を直し切ることは難しいと考えたほうが良いでしょう。

たとえば、点火プラグの電極部分が、ほとんどない状態で
加速が悪いのをエンジンオイル添加剤で治そうというのは
かなり難しいと考えたほうが良いですね。

エンジンの調子が悪いと判断した場合は
軽度でも点火プラグを確認したりエアクリーナーの汚れをチェックしましょう。

そのうえで、エンジンオイル添加剤を使ってみて
状況が良くなるかどうかを試してみてください。

軽自動車に入れるエンジンオイル添加剤は効果ある?

エンジンオイル添加剤に関して
勘違いをしている人は多いかもしれません。

エンジンオイル添加剤はエンジンの劣化を抑えるために使うのであり
性能アップのために使うものじゃないのです。

 

軽自動車に入れるエンジンオイル添加剤は
実際に効果があるのかと言えば
すぐには体感できるものではありません。

何年も日にちをかけて
エンジンをばらして初めて効果を実感できるのです。

ただ、筆者のように特別な条件でなければ
エンジンをばらして中を見るという経験はほぼないでしょう。

ほとんどの場合は、効果を実感できずに
オイル添加剤を入れるのをやめるか
車を買い替えるかのどちらかです。

エンジンオイル添加剤は効果あるか無いかという疑問に対し
筆者は「効果は徐々に出る」と言わせていただきます。

エンジンオイル添加剤は、すぐに効果を実感できないので
効果を実感したいという場合はオイル添加剤ではなく
エンジンチューンをしたほうが手っ取り早いかもしれません。

実際にオイル添加剤を入れた感想

実際にオイル添加剤をいろいろと試し過去に
13年間入れていた軽自動車があります。

走行距離は10万キロを超えていたので
どこも買い取ってくれなかったので
興味本位に知り合いの整備士にエンジンをばらしてもらいました。

 

すると、エンジン内部はピカピカで
とても13年間乗り続け10万キロを超えた軽自動車のエンジンとは思えません。

それくらい、印象に残る美しさだったのです。

あなたは「普通に考えて、エンジンをばらしてもらうって、そんな奴はいないだろう」と
そう思うかもしれません。

現に、ここにいます(笑)

メチャクチャ昔すぎて写真も無ければ
ブログもしていないころだったので当時の証拠がありません(苦笑)

しかし、筆者の心の中には過去の思い出として
いつまでも残っているのです。

つまり、エンジン添加剤を入れても体感はできませんが
エンジンをばらさないと効果を実感は不可能ということになります。

結論的になりますが、添加剤を信じて
入れ続けるしかないということですね。

 

まとめ

エンジンオイル添加剤を選ぶ場合も
慎重に選ばないと詐欺商品を買うことになります。

詐欺商品はパッケージでは見分けがつきませんし
効果を実感できないので気が付かないことが多いです。

 

エンジンオイル添加剤を買う場合は
ネットの口コミを参考にしたり騙されてもいいという気持ちで
色々試すしか方法はありません。

色々と試して良いエンジンオイル添加剤に
出会えると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。