カテゴリー
燃費の良い軽自動車一覧

スズキ・ツインの燃費はどれくらい?評判と運転しやすさも紹介

スズキ・ツインは、2003年1月に販売された軽自動車初の
ハイブリッド車です。

ツインは全長「2,735mm」という一般的な軽自動車よりも
短めの車で、最小回転半径は軽トラックと同じでの3.6mとなっています。

ハイブリッドとしては破格の値段で
当時は新車で「ハイブリッドA」が129万円。

「ハイブリッドB」が139万円と
メチャクチャ安い値段で販売されていたのです。

本記事では、スズキ・ツインの燃費や
運転しやすいかどうかなども紹介していきます。

スズキ・ツインの燃費はどれくらい?カタログ燃費と実燃費も紹介


出典:カーセンサー

スズキ・ツインの実燃費は「e燃費」を参考にすると
「24.78km/L~27.37km/L」です。

ちなみに、カタログ燃費は
10・15モードで「34km/L」だったようです。

 

現在の車と比較することはできませんが
スズキ・アルトハイブリッドと比較してみましょう。

燃費だけは、今でも通じるものがありますが
アルトハイブリッドはWLTCモード「27.7km/L」なので
ツインの実燃費と、ほぼ同じになっています。

ツインのモーターは最大出力5kWでアルトハイブリッドは
最大出力1.9kWなので、ツインのほうがパワーがあるように感じます。

アルトは4人乗りですが、ツインは2ドア2人乗りです。

1人で乗ることが多いという場合は
ツインでも良さそうな感じがします。

スズキ・ツインの評判


出典:カーセンサー

デザインについては「ユニークで楽しいスタイル」という声もあり
エクステリアについての不満はほとんどないみたいです。

筆者自身も、ツインを見たことがありますが
丸っこい感じの、可愛らしいデザインで
見た目も未来的な印象が強かったと思われます。

 

ハイブリッド車は他のメーカーもスズキの後に販売していますが
200万越えの金額で販売しています。

スズキ・ツインの場合は、色々なものをそぎ落としているので
価格は200万円以下で新車を買うことができたのです。

なので、インテリアについては
期待なんて、できるわけがありません。

電動可倒式や電動ミラーは付いていませんし
パワーウインドウなんてものもありません。

燃費だけにこだわるなら
スズキ・ツインは最適な車になるでしょう。

 

スズキ・ツインの車両重量は
驚きの「600kg」です。

ダイハツミライースでも一生懸命、軽量化のために樹脂などを使って
車両重量は「650kg」です。

スズキ・ツインと比較しても
50kgの差がありますね。

その軽さゆえに、キビキビした走りを楽しむことができるのです。

ツインは改造するベース車両としても人気があり
ターボ化に改造して楽しんでいる人もいます。

 

つまり、スズキ・ツインの評判は
悪くないということです。

スズキ・ツインの中古相場は?


出典:カーセンサー

スズキ・ツインは生産終了しているので
中古でしか買うことができません。

ただ、古い車はプレミア価格になっていることが多いので
値段は、かなり高いと思ったほうが良いでしょう。

 

スズキ・ツインも例外ではなく
中古相場が高いですね。

カーセンサーだけを参考にしたのでツインハイブリッドに限定すると
日本全国で見ても3台しかありませんでした(笑)

スズキ・ツインの中古相場は
「65万円~110万円」となっています。

スズキ・ツインのは運転しやすい?


出典:カーセンサー

スズキ・ツインはフロントウインドウが広いので
フロント視界は良いと言えます。

ただ、スズキ・ツインはボンネットは丸まったデザインなので
運転席からはボンネット先端が見えません。

 

見切りは良いとは言えませんが
全長は一般的な軽自動車よりも短いので
駐車場での切り返しは問題ないでしょう。

リアウインドウも思ったほど狭くないため
見通しは良いと言えます。

死角が無いとは言えませんが
後方が見にくいということもありません。

それでも後退するのが不安だという場合は
後付けでバックカメラを取り付けるという方法もあります。

 

運転席と助手席の窓は
手で回すというスタイルなので
慣れないうちは不便に感じるかもしれません。

まとめ

スズキ・ツインはユニークなデザインが特徴で
手軽に買うことができるハイブリッド車です。

加速については、キビキビとした走りが期待できるので
一般的な軽自動車よりもストレスはたまりにくいかもしれません。

 

ただ、ハイブリッド車はパワーウインドウや電動パワーステアリングなどが
装備されていないので、覚悟が必要です。

どうしても、パワーウインドウが欲しいという場合は
「ガソリンA」のグレードのパーツを買って
自分で取り付けるしかないでしょう。

変わり種の車が欲しいという場合は
スズキ・ツインを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。