カテゴリー
燃費が良くなるアイテムで実験

o2センサーを新品に交換すると燃費は良くなる?故障をしたときの症状も紹介

中古車を買ったときにエコカーで燃費が良いはずなのに
ネットでの評判よりも燃費が悪い場合があります。

確かに、道路状況によって燃費は大きく変化しますが
それでも、同じ年式の車で同じ道を走行しても
燃費の違いは随所にあらわれるのです。

しかし、燃費の悪さは運転方法や道路状況だけではなく
o2センサー に問題がある場合も考えられます。

本記事では、o2センサーとは何かや
劣化したときの燃費についてお伝えをしていきます。

そもそもo2センサーとは?

o2センサーとは車に備わっている排気ガスの酸素濃度を測るセンサーのことで
排ガス内の酸素量を計測して燃料噴射量を調整するセンサーです。

o2センサーは排気ガスに含まれる酸素濃度を計測するためのパーツなので
エキゾーストマニホールドや触媒の前後に設置されていることが多いです。

 

触媒より上側が上流で下側が下流とするなら
上流のo2センサーは酸素濃度を検知するのが役目ということになります。

上流のo2センサーに対し、下流にあるo2センサーは
触媒の劣化度合いの監視や燃料の噴射量をびちょいう精する役目を持っているのです。

o2センサーの劣化は燃費悪化の原因に直結する?

o2センサーが劣化した状態で走行し続けると
燃費は悪化します。

中古を買って燃費を気にしない人なら
「軽自動車はこんなもん」と割り切るかもしれません。

 

しかし、筆者のような人間の場合は「この車にしては燃費が悪い」と思い
なぜ悪いのかを調べまくるでしょう。

燃費が悪い場合は運転方法を見直したり
渋滞になりやすい道を避けるようにするのが一般的です。

しかし、何をしても燃費が悪い場合は
o2センサーが劣化している可能性があると言えます。

o2センサーが劣化すると必要以上に燃料が濃く噴射するので
燃料は無駄に多く消費されるのです。

 

また、燃費だけではなく理論空燃比からも外れるため
パワー不足の原因にもつながるでしょう。

o2センサーが劣化すると排気ガスが
以上に臭くなります。

o2センサーが劣化すると必要以上に燃料を噴射するので
不完全燃焼をした排気ガスが排出されるので臭い排気ガスが出るのです。

さらに、くさい排気ガスを出し続けることで触媒が劣化し
排気ガスの浄化機能も低下するので排気ガスの有害物質量も増えます。

o2センサーが劣化た状態で走行し続けると
車載コンピュータは故障だと判断してエンジン警告灯が点灯するようになります。

エンジン警告灯が点灯しても、すぐにエンジンが停止するわけではないですが
それでも、速やかにo2センサーの点検をしたほうが良いでしょう。

 

o2センサーの交換時期

o2センサーは交換指定されていませんが
実は消耗部品です。

o2センサーの寿命は一般的に5年以上で
走行距離が8万キロくらいと言われています。

 

エンジン警告灯が点灯しなくても
排気ガスが臭かったり燃費が悪かったりするなら
ディーラーで見てもらうのが一番です。

o2センサーを自分で交換することはできる?

結論を言えばo2センサーに限らず、車の整備は
工具があれば、大抵のものなら自分で可能です。

ただ、「出来るだろうか」という自信のない考え方なら
プロに任せたほうが良いでしょう。

 

でも、交換する気満々で「どうやって外すんだろう(ワクワク)」と
ウキウキ気分なら、言われるまでもなく色々な動画を見て
交換する技術を学ぶことでしょう。

どういう作業でも言えますが、失敗はつきものです。

整備士でも全てが上手くいく作業ばかりではなく
失敗をしてしまうこともあります。

失敗をバネにして成功していく方法を見つけ出すことで
人は成長していくのです。

 

とはいえ、通勤にも使用している1台しかない車なら
故障されるのは一番困ることでしょう。

愛車の整備は自分でやりたいというなら
色々な動画を見てやり方を学び自信をつけるしかありません。

エンジン警告灯が点灯している場合は
コンピュータの履歴をリセットしないといけません。

そうしないと、何度でも警告灯が点灯します。

まとめ

中古車で燃費が非常に悪いという場合は
o2センサーを交換すると燃費は良くなるかもしれません。

ただ、ディーラーに「燃費が悪い」とだけ伝えると
「道路状況が~」「運転方法が~」という返答になるので
普通は、o2センサーを交換するチャンスをディーラーに潰されるかもしれません(笑)

 

筆者の場合はディーラーに相談をしないで
自分で交換をするでしょう。

ただ、交換をしたことで警告灯が点灯するようになれば
その辺も改善するための装置を買うかもしれませんね。

作業に入る前に、修理費用とは別に
対策をするための資金も用意しておかないといけないのです。

そう考えると、逆にカー用品店で依頼したほうが
安く抑えられる可能性は高いかも。

整備を趣味としている人なら
誰にも相談をしないで自分でo2センサーを交換するでしょう。

もし、初めてo2センサーを交換しようという場合は
自信を付けてから作業に入るようにしましょう。